_MG_2879s.jpg

強化ボディで新​登場
2021 SジグKシリーズ

熱き志とともに受け継がれゆく匠の技

New Release

image_6487327のコピー.jpg

About Sjig

瀬戸内・若狭湾で徹底研究
超スライドで魚族の捕食本能を刺激

比重1,12から1,17。この比類のない軽さと熟練工のこだわりがパフォーマンスのすべてに体現されます。意思を持ったような超スライドとバックスライド。まるで生きているような平打ちが自然理に繰り出される愉快さ。構造は、透明性アクリル樹脂/対衝撃性ポリカーボネイトとステンレス鋼芯材との組み合わせ。既存のウエイト感覚を超える体積を稼ぎ出しながら、驚くほどの引き重りの軽さ、扱いやすいシルエットも特筆すべきところです。数々の実釣テストを重ねて、突き詰められてきたSジグのフィールドはすべて。サイジングによるアイテム展開の拡大で、オフショアの大型回遊魚、底物、根魚から、ショアのサーフ(砂浜)、小磯、堤防など都市の身近かな水際まで、Sジグは、海原の全速全域へ旅を続けます。

AdobeStock_249450930.jpg

Sjig FIELD REPORT
magazine

近日公開予定
今しばらくお待ちください...
_MG_3352s.jpg

FOR
Shore & light Jigging

プラグのようにも動く
表層ゲームも成立

S.JIGMINI エスジグミニ

S.JIG CAST エスジグ キャスト

FOR
Offshore jigging

ジャーク直後にできる"間"、

漂う樹脂ジグの動きにビルダーの想いを集約

S.JIG Kシリーズ

S.JIG 

yama.jpg

S.JIG craftsmanship

Sjigのこだわり